自己破産

自己破産

自己破産でよくある質問をのぞいてみよう

微妙な額だと、自己破産に踏み切ることができないという人もいるんだって(+o+)
裁判所に、返済することが不可能であるってことが認められないとできないわけでね・・・。
返済できるのではないかって言われちゃうことが、少ない借金の額だとありうるんだよね(*_*;
具体的な返済が不可能だという証明なんてものはないし・・・。
自己破産の一番の目安っていうと、やっぱり借金の額となるそうだよ!!
破産の認定を受けるには、大体年収の1.5倍以上となる借金の総額があるときでね。
夫婦の関連付けが、自己破産に多い質問なだそうだよ・・・。
配偶者の自己破産は、自分にどの程度の影響がでるのかってことだね(−−〆)
財産分与がされないものというと、自分名義で購入したものとか、結婚前から所持してるものでね。
夫婦別々の権利ってものが、財産にはあるそうだよ〜。
でも、離婚を自己破産を理由にしようとすると・・・難しいものがあるそうだよ。
夫婦っていうのは、支え合って、助け合ってこそってことなんじゃないかな〜。

司法書士の力を借りて、自己破産をする

多くの人が、借金整理や自己破産を考えるときに弁護士にお願いをするかと思うんだけど・・・。

 

もう一つ選択肢があるのを知ってるかな??
司法書士というのも、自己破産を考えるときには選択肢の一つとして考えてみてはどうかな??
借金整理とか自己破産をするときに、大きな味方となってくれるのが、司法書士や弁護士なんだってことを覚えておこう!!
じゃ、司法書士と弁護士の違いとは何だろうね〜??
借金に関して、全ての代理を行う権利があるのが、弁護士って職種でね。
反対に、簡易裁判所での訴訟代理権や、140万円以下の借金の交渉権を持つっていうのが司法書士なんだって。
明らかに、弁護士の方ができる範囲が広くなるってことなんだよね!!
費用は、もちろん弁護士の方が高くつくそうでね・・・。
金額は、倍ほどの差があるそうだよ!!
状況によって、司法書士か弁護士を選ぶかが変わってくるんだよね・・・。
自己破産のときには、書類などを自分で行う必要が出てくるのが司法書士に頼んだときでね!!
とはいっても、教えてもらえることはしっかりと教えてもらえるみたいだから・・・。
安く済ませることを考えると、司法書士を選択するのも良いのではないかな??
任意整理ってことであれば、全て司法書士が代理してくれるそうだよ!!

自己破産で弁護士を立てるメリット

弁護士を立てるかどうかの判断を、借金整理とか自己破産をするときには考える必要があるよね!!
でも、自己破産をするかどうかの前に、まず相談をしてみてはどうかな??
司法書士とか弁護士に相談をすると・・・お金がかかるんだよね(*_*;
そして、かなりの高額を支払うことになるわけ!!
少し割高な感じが、自己破産の相談をするってことになるとあるかもね・・・。

 

おススメなのが、メールでの相談なんだよね!
メールでの相談受付とか、無料相談などを最近の法律事務所では行ってるそうだよ〜。
文章に、相談すべき内容を整理して伝えることができるのも、メールのメリットなんじゃないかな(>_<)
しっかりとした返事を、無料の相談でのしてくれるそうだよ!!
弁護士がいる方が、自己破産をはじめ、色んな借金整理はうまくいくそうだよ。
説得力が違うってわけ(>_<)
費用はかかるにしても・・・。
弁護士を立てて得られるメリットは大きいんじゃないかな〜??

自己破産をするときに、まず弁護士に相談をしてみよう

膨れ上がってしまった借金をどうすべきかって悩んでいるなら・・・。

 

自分では専門的な知識もないし、冷静に判断することは難しいかもね(−−〆)
そして、借金をして首が回らなくなるようなことが、冷静に判断をすることができる人には起こらないわけだね・・・。
色々と事情があるにはしても(+o+)
簡単に、自己破産をするって人が、手続きが簡単にできるようになったことで多いそうだよ!!
でも、一番愚かな行為であるってことを認識したいものだね・・・。
借金を、自己破産をすることでとりあえず消えるんだって思ってるような人は、また同じミスを繰り返すそうだよ(−−〆)
精一杯返済をする必要があるんじゃないかな〜??
そして、一番良い返済方法を、状況を考えた上で考える必要があるよね(+o+)
一生借金で苦労しないようにってことが、体に染み付くはずなわけ・・・。
弁護士に相談をして、借金の一番良い返済方法を見つけてみてはどうかな??
当然費用もかかるんだけどね・・・。
プレッシャーにもなるはず(*_*;
でも、借金に懲りることで、将来のためにもなるんじゃないかな〜??
自己破産を簡単にするのではなく・・・。
しっかり借金を返す方法をまず考えてみよう!!

自己破産を、借金整理の選択肢の1つとして・

特定調停と任意整理っていう借金整理の他にも手段はあるんだよね!!
「個人再生手続き」って呼ばれる借金整理の方法があるのを知ってるかな?
自己破産と同じカテゴリーの言葉なのが、個人再生手続きってもので・・・。

 

よくメディアなどでも耳にするんじゃないかな〜??
じゃ、個人再生手続きと自己破産とは何が違うのかっていうと・・・。
自己破産の一歩手前と言えるのが、個人再生手続きでね!!
言っていの金額を3年間に分割して返済するっていう再生計画案を立てることを、返済が著しく困難であるときにするものなんだって。
返済を、計画に沿ってしていくわけなんだけど・・・。
自己破産と同じように、裁判所に計画の認定をうけなきゃならいんだよね(*_*;
計画は、法律に基づいてする必要があるんだとか!!
そして、計画以上の返済をする必要がないそうだよ。
残りは、一部を返済したところで免除を受けることができるってものなわけ。
財産が換価されないっていうのが、自己破産との大きな違いかもね・・・。
財産を失いたくないって人だと・・・個人再生手続きで借金をなんとか整理しようとするそうだよ!!
借金整理で一番の痛手を負うのが、自己破産だってことをよく理解しておこう〜(+o+)

自己破産以外にも、何通りもある借金の整理

借金の整理をするときに・・・。

 

自己破産以外にも何通りか方法があってね!!
まず、自分の借金のリスト化をしたら、方法を決めよう〜。
返済を、通常にできないかどうかを、まず検討すべきことなんだよね(>_<)
でも、多重債務となると・・・。
状況は厳しいかも(@_@;)
でも、無駄使いを減らすことで、苦しい生活ながらも返済の余地があるってことも!!
将来の人生を考えたときにも、一番優先すべき返済方法のはずなんだよね・・・。
任意整理ってものも、借金の整理の方法の1つとして挙げられるんだけど。
借金の期間を遅らせるとか、額を減らせるように、話し合いを裁判所を通さずに行う方法なわけ。
司法書士とか、弁護士の仲介をすることで、返済の話し合いをつけるそうだよ!!
でも、実際お願いをするのにも費用ってかかってくるんだよね(*_*;
他にも、借金の返済方法を、裁判所の調停委員に仲介をしてもらうことで、見直す方法。
裁判所にゆだねる方法で、弁護士の力を借りずに行うそうだよ!!
でも、示談が成立する保障もないし、自分でやらなきゃいけないことが多くなるそうだよ(−−〆)
自己破産を考える前に、一度他の借金の整理を考えてみよう〜。

ホーム RSS購読